診断でわかるうつの進行

うつ病と診断されたら|一人で悩まず周囲の助けを借りよう

診断されたら

悩む女性

インターネット上でも、うつ病の自己診断テストを試すことができます。診断の結果を参考にしつつ、自分の身体やこころの様子をみて、早めに病院に行きましょう。一人で悩まないことが大切です。

克服するために

悩む男の人

うつ病と診断され、家族や周りの支えと共に闘っている人たちはたくさんいます。自分一人で抱え込まず、そして自分自身を責めずに、周りの理解を得ながら治療と向き合うということが大切です。

異変を感じたら

医者

現在ではうつ病も認知されるようになってきましたが、どのような症状がうつ病に当てはまるのでしょうか。うつ病かどうかを診断するときには、まずはいくつかのチェック項目を確認します。最近疲れやすくなってきたと感じたり、眠ってもすぐに目が覚めてしまうことがあったりと、身体に異変がないかということも診断項目に入っています。また、ものごとに興味が持てず集中できなくなったり、急に気持ちが落ち込んだりという精神的な変化がないかということも確認します。ほかにも、食欲が急になくなったり、逆に過食になったりという変化も、うつ病かどうか診断する際に確認します。普通の体調不良とみられることもありますが、実はうつ病だったという人も意外と多くいます。本人にも自覚症状がなく、周りにも誤解されやすいので自分を責めてしまうという人もいます。そのため、診断されてようやく自分の病気に気づくというケースもあります。

うつ病は、自分で自覚するというのも大切ですが、何よりも周囲の理解が必要になってきます。もし身近な人がうつ病だと診断されたら、病気のことを知ることから始めてみましょう。うつ病について知ることで、誤解が解け、理解することができます。そしてサポートすることもできます。自分がうつ病だと診断された場合でも、病気のことを知るということは大切です。どのような症状があらわれるのか、今後どういう治療をしていくのかということを知っておくことだけでも、自分の今の状態を知ることができます。見た目ではわかりづらいうつ病ですが、苦しみを理解するというだけでも、発症した本人に寄り添うことができます。周りに理解されないということが、うつ病の人を一番苦しめるので、まずは病気について調べてみましょう。うつ病にはどのような症状がみられるのか、思い当たる変化はないかなどを知っておくことだけでも大切です。こういう症状がみられたらどうしたらいいかという対処法を知ることもでき、自分にはどういうサポートができるかということを考えるきっかけにもなります。家族であれば、担当医に直接相談すると良いでしょう。インターネット上では、うつ病と現在も闘っている人や克服した人の体験談などもみることができます。そちらも参考にすると、どういうことで苦しんでいるのか、どういうサポートが必要なのかということがわかります。うつ病を発症した本人は、自分自身を責める傾向がみられます。病気について理解することで、寄り添うことができます。それだけでも、とても大きな支えになるのです。自分にはわからないと放っておくのではなく、うつ病について知り、できることはサポートすることで治療の助けとなります。まずはできることから始めてみましょう。

診断の基準

カウンセリング

うつ病かどうか診断するためには、身体的・精神的な面それぞれでどのような症状がみられるかを医師に伝えることが必要です。本人だけでなく、家族から見た変化もしっかり伝えましょう。