男性

うつ病と診断されたら|一人で悩まず周囲の助けを借りよう

診断されたら

悩む女性

ただの体調不良かと思って病院に行くと、うつ病だと診断されたという方がいます。また、病院に行かずに放っておいて、原因がわからず悩む期間が長くなってしまうということもあります。身体やこころに異変を感じたら、インターネットでもできる自己診断テストなどを試してみることをおすすめします。テスト上ではうつ病と診断されなくても、念のため病院に行ってきちんとした診察を受けることが大切です。うつ病は、身体・こころ両方に症状があらわれます。身体的なものでは、頭痛やだるさ、息苦しさを感じることがあります。また、食欲にも影響が出やすく、過剰に食べ過ぎたり、逆に全く食べる気がしなくなったりすることもあります。精神的なものでは、何に対しても興味が持てず、無気力状態になりやすいです。また、不安になりやすく眠れない日が続くということもあります。仕事や日常生活にも支障がでるので、異変を感じたらすぐに病気に行きましょう。ただの体調不良だろう、と放っておくと、さらに苦しむことになります。うつ病とわかれば、どのように治療していけばいいかということがわかるので、改善の方向に向かうことができます。また、年齢や気の持ちようだと思う人もいますが、この考えも危険です。考えすぎとは思わず、医師にきちんと診断してもらいましょう。

自己診断テストでうつ病の可能性があると診断されたり、テストではうつ病という結果が出なかったとしても、自分の様子をみて病院に行きましょう。医師にうつ病と診断されたら、今後の治療についての説明があります。自分の身体やこころの異変が病気のせいだと知り、原因がわからず悩むということがなくなる反面、今後が不安になるという方もいます。しかし、病院では治療に関して全力でサポートします。また、周りに病気のことを話せないという人もいます。それでも、家族や友人、職場の理解を得ることはとても重要です。自分の体調や気持ちの変化は病気が原因ということを知ってもらうだけでも、周囲の人は理解し、協力することができます。病気のことを知らないと、周りもどういうサポートをしていいかわからず、戸惑ってしまうことがあります。まずは病気のことを理解してもらうことから始めましょう。どういう症状があるか、そういうときにはどうしたらいいかということがわかるだけでも、家族や周りの人は安心します。また、一人で悩んでいる姿をみていることも辛いものです。大切な人が苦しんでいると、助けたいという気持ちを持ちます。病気のことで一人で悩まず、病院や周囲の人の力を借りましょう。周囲の人たちも、支えたいと思っているはずです。まずは病気や治療の辛さを話すだけでもいいのです。家族や周囲の人たちは、話を聞くことでどのようなことで苦しんでいるかを知ることができ、サポートに回ることができます。自分の病気のせいで、という考えは持たず、周囲の助けを借りて治療に向き合っていきましょう。